住宅を購入する時には、多くの人は住宅ローンを利用しています。なぜ住宅ローンを利用しているかといえば、住宅を一括で購入できるほどの金がないからです。このように考えると、住宅ローンは多くの人に利用されるべきローンだと言えます。確かに住宅ローンができる前に比べると住宅ローンができた後の方が住宅の販売件数が伸びていきました。

では、住宅ローンを利用する場合過去にキャッシングをしていることは不利になるでしょうか。
例えば、過去に消費者金融からキャッシングをしていたとします。この時に、住宅ローンを借りる時に問題になるかどうかですが、とくにこれによって審査に通らなくなるということはないでしょう。ですので、過去にキャッシングをしている場合であっても、特に問題ないというのが結論になります。

ところが、問題は今現在キャッシングもしている場合です。この場合には審査に通らない可能性もあります。完済をするまで住宅ローンの審査をしないようにするしかありません。

もう一つ問題があり、過去にキャッシングをしている場合で、債務整理をしてしまった場合に関しては、5年間は借り入れをすることはできません。債務整理完了から5年間は住宅ローンの審査を避けましょう。

目的物にカードローンを選ぶことはとても大事です。カードローン 比較をしっかりして上手に使いこなしましょう。